シャチハタの印材にこだわる

シャチハタイメージ

どちらも同じ印鑑ですが、シャチハタと言えば安い印鑑で、実印と言えば高価な印鑑というイメージがあります。

しかし、決定的な違いは、社会的に通用するかしないかでしょう。

さらに、シャチハタは印面がゴムでできており、印材にこだわることもなく、珍しい苗字でなければ既存品でまかなえますが、実印の場合だと、こだわるところはたくさんあります。

押しやすさや、管理のしやすい印材を選んだり、機械で名前を彫ると偽造されやすいと言われているため、手彫りのものを選ぶということが挙げられるでしょう。

では、シャチハタの印材をこだわるなんてことはできるのでしょうか。

知っている人の方が多いでしょうが、プラスチック製のシャチハタではなく、見た目に高級感を出しているシャチハタもありますし、印影も変えることができるのです。

もちろん、お値段もそれなりに高くなるので、シャチハタなのに、なんだか高価な印鑑を持った気持ちになるでしょう。

しかし、使う頻度を考えると実印よりもはるかに多い回数をシャチハタは使うので、少し高価なものにしてもいいかもしれません。

さらに、見た目にこだわり、キャラクターを印材にプリントしたシャチハタなども、女性に人気があります。

実印だともっとこだわるところがありそうですが、同じ感覚でシャチハタも選べるようになっていますので、個性的なものを探しているのであれば、注文をして、シャチハタを作ってみるのもいいかもしれません。

ですが、印影も選べるからといって、印鑑登録をして実印にはできませんので、注意が必要です。
あくまで、シャチハタは印面がゴムなので、実印としては認められないでしょう。

〔人気ショップのご紹介〕

ページの先頭へ