印鑑の保管場所

印鑑イメージ

シャチハタと実印は同じ印鑑の仲間でも、使い道はまったく違います。
シャチハタは認印やサインの代わりとして使い、実印は社会的保障のために使います。

そのため、実印を認印代わりに使うという人はいないでしょう。
なぜ、印鑑の捺印が必要な時に、全部実印を押してはいけないのでしょうか。

これは、先ほど述べた社会的保障が関わってくるからです。

ですが、認印が必要な時、普段ならシャチハタを押しているでしょうが、実印でも問題ありません。
なぜなら、簡単な書類に、実印を押してはいけませんという決まりはないからです。

そうなると、銀行印でも可能となるわけですが、荷物の受け渡しなど気軽にできるものには、使うべきものではありません。

実印は自分自身、銀行印は財産を守ってくれているものですので、気軽に押してしまってはいけないという、印鑑独特の暗黙ルールがあります。
そのため、誰もが目に見える場所や、簡単に出し入れできる場所に保管しておくのも、おすすめされないでしょう。

しかし、銀行印や実印は、シャチハタのように活躍する回数があまりないせいか、どこにしまってあるか、忘れてしまう人も多くみられます。
そういう事を避けるため、印鑑をしまっておく場所を決めておくといいかもしれないですね。

もちろん、家族の印鑑や貴重品などを、一緒にしておくといいかもしれません。

その時は、印鑑の仲間である、シャチハタも一緒に保管してあげてください。

そうすることで、印鑑の保管場所を忘れないようになるでしょう。
風水などを気にする方は、貴重品は寝室に置いておくと良いとされているので、寝室で保管してみるのもいいかもしれません。

〔厳選お役立ちサイトのご紹介〕

これからハンコを買おうと思っている方、もっと良い印鑑をお探しの方に、印鑑の比較サイト《印鑑ネット》がおすすめ!
レビューや売れ筋ランキングから、初めての方でも失敗しない印鑑選びができます!

ページの先頭へ