実印は自分自身を表わす印鑑

実印イメージ

シャチハタと実印、どちらが重たいか気にしたことはありませんか?

どちらも同じ印鑑なので、同じような重さだと感じる人もいるでしょうし、実印のほうが重たいと感じる人もいるでしょう。

本体の重さに、さほど変わりはありませんが、社会的信頼での重さを量ってみると、実印がどれだけ重たいものなのかは、誰でも知っていることです。

これは、印鑑登録してあるかどうかの差なのですが、印鑑登録はとても手間がかかるものですよね。

これから、印鑑登録をして実印を持とうと考えている人は、覚えておいてほしいことなのですが、運転免許所やパスポートなどの顔写真つきの身分証明書がないと、即日登録ができません。

そういった証明書を持っていない場合は、役所から自宅に郵送された書類を持って、また印鑑登録をしに行かなければならないという、徹底的に本人確認が必要なものなのです。

なぜ、そこまで本人確認が必要なことなのでしょうか。

たかが印鑑を実印にしてもらうだけのことなのに、と考える人もいるでしょうが、実印は自分自身を表わす印鑑であり、社会での自分をアピールするものと同じようなものなのです。

印鑑が壊れることなくあるのであれば、一生付き合っていくものになり、一生自分を守ってくれるものとなります。

そのため、他人に偽造されたものや、手続きで本人ではない人が登録をしてしまわないようにするのです。

その結果、シャチハタと実印の重さは、実印のほうが遥かに重たいと言えるでしょう。

シャチハタでは出来ない事を、実印がやってくれますので、一人一つ、大事に持っておきたいものだといえるでしょう。

~ 〔関連おすすめサイトのご紹介〕 ~

<低価格で高品質>スピード納品可能な表札通販

こだわりの住まいを飾るスタイリッシュな表札をお探しですか?
ナチュラルテイストのネームプレートTimber(ティンバー)やエントランスを優雅で華やかな印象に彩る花の名前を冠したフラワーサイン表札など

ハンコヤドットコム表札館なら豊富な種類の中からお選び頂けます。

ページの先頭へ