実印でなくてもこだわる

印鑑イメージ

シャチハタは既存品を買うけれど、実印にするものは、注文して作ってもらうという人がほとんどでしょう。 しかし、珍しい苗字の方は、どちらも注文しなくてはいけません。

実印を作る場合は、象牙や黒水牛などの印材選びから始まり、印影にこだわるため、書体を気にしたり、姓名判断などをしてもらい作る人もいるでしょう。

ですが、シャチハタを作る時「一番安いものでいい」と考えている人ばかりなのではないでしょうか。

さらに、シャチハタなんだからこだわる必要もないと思っている人がほとんどだと思いますが、認印でも、法的効力はあるのです。

シャチハタだけではなく、認印として自分で捺印したものに関しては、本人が捺印したと証明されれば、実印と同じように法的効力は同じとされているものなのです。

そのため、重要な書類にシャチハタで捺印したから、あまり重みを感じることがないと考えている場合でも、実印と同じ効力を発揮していると考えて慎重に押してください。

そこで、シャチハタも、実印と同じように印影などにこだわり、少し社会的な重みを感じてみるのはいかかでしょうか。

たとえ、シャチハタの印面がゴムでできていたとしても、印影にこだわることもできますし、サイズも選ぶことができます。

もっといえば、書体や印材を自分らしくアレンジすることもできますので、今まで、シャチハタを軽く見てきたのであれば、思い切って個性的なシャチハタを作ることをおすすめします。

実印に比べれば、少しくらいこだわって作ったとしても、お値段は比較的安く手に入れることができます。

~ 注目のWEBサイト情報 ~

<激安日本一の>チラシ印刷

チラシのイメージがほぼ決まっているけど形にできない!とお悩みのかたはご安心ください。

手書きの簡単なレイアウトを参考に、デザインのプロが調整しながら制作いたします。
チラシのためのデザインセンターを持つことで驚きの安さを実現しています。

詳細は比べて安さがわかる激安日本一のチラシ印刷総合サイトをご覧ください。

ページの先頭へ