印鑑の種類はまだまだたくさんあります

印鑑の種類イメージ

印鑑といっても、たくさんの種類がありますが、みなさんはどの印鑑が一番重要だと思いますか?

もちろん、実印が一番大事だと考える人ばかりでしょうが、それは正解だと言えます。

しかし、印鑑の種類といえば何があるかと聞かれると、実印、銀行印、認印などあまり種類があるようには感じませんよね。

そこで、印鑑の順位を考えるにあたって、印鑑の種類について、少し紹介させていただきます。

「実印」

市区町村に印鑑登録してある印鑑のことをいい、印鑑登録証明の交付が受けられるものです。

今は印鑑登録する手続きが面倒になってきているので、まだ登録していない人は何が必要なのか調べてから登録をしに行くといいでしょう。

「銀行印」

預金口座に届けてある印鑑で、自分の財産を守ってくれる印鑑でもあります。

「角印」

官公庁や団体などの名称印で、役職名なども入っている場合もあります。

「認印」

本人が認めたというしるしのために押されるものです。

「割り印」

書類の関連性を証明するための印鑑で、1つの印が2枚の文書にまたがって押されているものです。

「訂正印」

普段あまり使うことはありませんが、簿記に用いられることが多く、訂正した箇所に押すものです。

「落款印」

風流なおもむきなどを表わしたもので、趣味で使うことが多い印鑑です。

「シャチハタ」

スタンプと同じもので、認印代わりに使われることが多い印鑑です。

これらの印鑑の順位を付けるとしたら、実印、銀行印、割り印、角印、認印、シャチハタ、落款印だと私は思いますが、みなさんはどうでしょうか。
そして、印鑑の種類はここには書けないくらい多く存在しています。

〔オススメ専門サイトのご紹介〕

日付印やデータ印など、仕事で大活躍のスタンプが勢揃い!

「あればいいな・・・」と思っていた回転印も、きっと見つかります。

回転印なら【サンビー館】におまかせ!

ページの先頭へ